感染予防ガイドライン(大谷大学大学院)について

大谷大学大学院

本学で大学院単位互換授業の受講にあたり、新型コロナウイルス感染予防ガイドラインを添付していますので参照してください。

また、ガイドラインの基本要旨を以下に載せていますので、感染予防対策を順守してください。

大谷大学 新型コロナウイルス感染予防ガイドライン(22年3月一部改訂)

 

*****************

 

・正門・北門のいずれかにて大学に来た際、「大学院単位互換授業で来た」ことを伝え、「入退講 チェックシート」を記入してください。

・毎日検温による体調確認を行い、出講当日発熱がある場合、あるいは、倦怠感、無味無臭、咳、息苦しさなどの症状があり体調がすぐれない場合は、出講を見合わせてください。

・入構時は必ずマスクを着用し、正門・北門や各建物入り口に設置している非接触自動温度測定器で検温し発熱がないことを確認、また、アルコール消毒液で手指消毒を行ったうえで入構してください。

・大学構内では、身体的距離を確保して密集・密接を避けてください。