K-GURSについて

京都・宗教系大学院連合

京都・宗教系大学院連合(Kyoto Graduate Union of Religious Studies 略称 K-GURS)は、2005年7月31日に、大谷大学大学院 文学研究科、高野山大学大学院 文学研究科、種智院大学 人文学部、同志社大学大学院 神学研究科、花園大学大学院 文学研究科、佛教大学大学院 文学研究科、龍谷大学大学院 文学研究科の7つの大学院および大学が加盟校となって設立されました。また2011年度には、龍谷大学大学院 国際文化学研究科が、2013年度からは龍谷大学大学院 実践真宗学研究科が単位互換制度に加わり、さらに2014年度からは、新たに皇學館大学大学院 文学研究科が大学院連合の加盟校となりました。また、国内の協力団体として、高野山大学 密教文化研究所、国際真宗学会、宗教倫理学会、種智院大学 密教資料研究所、同志社大学 一神教学際研究センター、南山宗教文化研究所、NCC宗教研究所、日本クリスチャンアカデミー、龍谷大学 仏教文化研究所が、海外の協力団体としてInstitute of Buddhist Studies(米国仏教大学院、カリフォルニア州バークレー市)がそれぞれ加盟しております。

K-GURSは、定例の研究会、公開シンポジウムを開催し、ホームページでは各加盟団体が主催する講演会等の催しを掲載し、密接な情報交換を行っています。また、K-GURSの機関誌として『京都・宗教論叢』を刊行しており、加盟校の学生の皆さんには無料で配布しております(各校担当窓口にお尋ね下さい)。
K-GURSの単位互換制度を、宗教を研究対象とする学生の皆さんが、京都の地の利を生かして、最大限に活用されることを願っています。