単位互換制度

単位互換科目の出願等について

1.出願資格

「京都・宗教系大学院連合」(K-GURS)に所属する各大学院研究科に在籍する大学院生(種智院大学の場合は学部学生)は、誰でも受講資格があります。また出願した科目は、すべて履修することができます(原則的に履修者の選考は行いません)。

2.出願方法

所属大学院(大学)の担当窓口で出願受付を行います。なお、加盟校すべてのシラバスを各校の担当窓口に置いていますので、各科目の詳細についてはそれらをご参照ください。また、各校ウェブサイトの授業概要(シラバス)データベースから詳細をご覧いただくこともできます。

3.休講の連絡

休講の連絡は「休講情報」上で通知します。定期的にチェックするようにしてください。

4.図書館の利用

図書館の利用に関しては、当該校窓口にお問い合わせください。

5.単位互換制度に関する質問

単位互換制度に関する質問は、原則的に、所属大学の担当窓口にお問い合わせください。

チェーンレクチャーについて

K-GURSでは、2010年度から独自科目としてチェーン・レクチャーを開講しています。年度ごとの共通テーマに基づいて、毎回K-GURS各加盟校の教員が交替で講義します。2016年度は同志社大学で、原則として隔週金曜日の5・6講時(16:40〜19:55)に2コマ連続で開講されます。詳しい講義内容と、各回の担当者については単位互換科目をご覧下さい。オムニバス形式ならではのバラエティーに富んだチェーン・レクチャーです。加盟校の学生の皆さんの積極的な受講を歓迎いたします。

チェーンレクチャーのシラバス